RunRan

HONDA HORNET と MOTOGUZZI V11 Lemans で廻ったツーリングの記録

デスモセディチ 7 ― 指紋の除去に挑戦

左:指紋がついてしまった  右:ペーパかけた前回、不用意に触ってしまって指紋をつけてしまったフロントフェンダー部分。今回はその指紋の除去に挑戦します。

丸一日クリアを乾かしてから指紋がついてしまったところペーパがけします。デカールを貼って、1回クリアを吹いただけなので慎重に行わなければなりません。

まずは1200番ですこしずつ削っていきます。丁度削れたところはツヤがなくなり、凹んだところはツヤがあって見当がつきやすいです。ある程度均せてきたら、2000番のペーパに変更して凸凹がなくなるようにさらに均したら、キレイに指紋が消えました!

そのままクリアを吹いて仕上げ。もう不用意に触らないようにしなくては!

クリアを吹いたクリアも乾燥した後、デカールの合わせ目が重なっている部分が気になります。

クリアの後に塗装してもいいのかな?

何事も経験と思ってピュアホワイト(TS-26)を吹いたら弾きまくりでした。うわぁぁぁぁ。しかもマスクし忘れてフロントサスのマッドガード部分も白くなってしまう始末…。どんどん悪い方向に行きます。

マッドガード部分は確かタミヤのスプレーはエナメル溶剤で拭き取れてしまう事例があるようなので、エナメル溶剤をレンズ用のペーパに染み込ませて乾ききる前に拭き取ったら、なんとかリカバリーできました。

デカールの合わせ目部分は、乾燥後にペーパで均す方法を選択。指紋除去と同じように慎重に均していきましたが、上からいろいろ試したダメージはそこそこ残ってしまい、デカールがすこしひび割れる結果となってしまいました。

リアサスついでにリアサスも。

黒い下地に黄色を塗らないといけないのでサフを吹いたのですが、バネの部分は組み立て時にポロポロとサフごと剥離してきてしまい、ちょんちょんと黄色を細筆で置いてタッチアップしました。拡大するとアラが見えまくりですね(>_<。   学んだこと:クリアの後に塗装は出来ない。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です