RunRan

HONDA HORNET と MOTOGUZZI V11 Lemans で廻ったツーリングの記録

イヤホン(XBA-A1)を買っちゃった。

左:iPod付属 EarPods 金のマークは自家塗装  右:XBA-A1iPodのイヤホン「EarPods」の音もよいのですが、いざ屋外で使ってみると外の音を遮断する機能がまったく無いことに気づきました。これでは「電車内など使いたいときに使い物にならない!」と思い、イヤホンを新しく購入することを決意。

候補は当然先日試聴して「いいな」と思った、ソニーの「XBA-A1」かJVCの「HA-FXT200」です。

とふと価格.comで評判など動機を決定付けるものがないか調べていると、ソニーストアが安価上位につけているのを発見。大体15,000円位していたのが12,000円くらいに値下げされています。さら3年ワイド保障も無料でつけることができ会員割引もついたので、一番安いところとあまり変わらない値段になるようです。

結局価格が動機となって、思わずポチってしまいました。これが先週末の話。
(おそらく後継が発売されるのかなと思ったら、昨日発表されました。)

週明けに届いて数日使用した結果、やっぱりイイです。音がしっとりした感じで中域が豊かになったようです。ほかに音以外にもEarPodsで不満に感じていた以下の点がすっかり解消されました。

●コードが絡みやすい。
EarPods:コードがしっとりとした手触りなので、あっという間に絡んでしまいます。かなりイライラ。
XBA-A1:コードは摩擦が少なく絡みにくくなってます。

●左右がわかりにくい。
EarPods:
色による特徴づけや、触覚によるマークが無いため、左右がわかりにくい。
とりあえず解決策として右側のイヤホンにプラモの塗料を利用して塗装を施したほど(w
XBA-A1:
右は赤いメタリックな帯、左にはポッチリとキーボードの[F]のように触覚的なマークが入っていて、暗いところでも左右がわかりやすい。

●外音遮断性。
EarPods:オープンタイプなので皆無
XBA-A1:カナル型なので、比較的良好

Appleは「人間工学に基づい」てEarPodsの形状を試行錯誤し、600人にも及ぶ耳のカタチを研究して仕上げたそうだけど、それ以外の利便性はデザイン優先でまったく排除してしまっています。事実EarPodsは私の耳にはぴったりフィットして外れにくく疲れにくいです。その点については良いイヤホンだと思います。(音質も私は好きです)なぜそれ以上の利便性を考慮しないのか不思議でなりませんでした。

また XBA-A1 は音漏れがひどいといわれていますが、静かな部屋では音量を少し上げると確かに漏れます。(曲にもよりますが、iPod touch 6 で言うと5目盛目くらいから) ただ電車などでは走行音もあるのでそれほど気にならないと思います。

ともあれ、初めてちょっと高いイヤホンを買ってしまいました(^^)o
上を見たらキリがないですが、充実した音楽ライフを送れそうで満足しています。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です