RunRan

HONDA HORNET と MOTOGUZZI V11 Lemans で廻ったツーリングの記録

伊豆ツーリング 1日目

学生時代の友達の結婚式に呼ばれ東京まで行くことになりました。しかし、ただ新幹線で行くだけでは面白くないので、連休を利用して未だ行ったことのない伊豆をツーリングしてみようと思い立ったのです。

朝は8時に家を出発し、茨木I.C.から高速道路にのりました。夜の7時には東京で「学生時代の友人3人と集まって飲もう!」ってことなので、たぶんそれまでには着くでしょう♪

まずは多賀S.A.までやってきて一休み。昨日はツーリング前には珍しくよく眠ることが出来たので、今日は100kmづつ刻んでいい調子でいけそうです。って思っていると、ここで高速の通行券を落としていることが発覚。マップケースのジッパーが空いていて風で飛ばされてしまったようです。

まぁ、こういうことも経験してレポートしておかないと!っと気持ちを切り替えて再スタート。そして名古屋を越え、運命の検札所「豊橋バリア」へやってきました。事務所で事情を説明すると(詳しくは右欄で)新たに通行券を発券してもらうことが出来ました。

そんなこんなで浜名湖S.A.にやってくるとサングラスのガラの悪い兄ちゃんが手を振ってるではないですかっ!よく見ると5月に結婚されたばかりの友達のSHOWちゃんでした。なんでも御前崎のBALIUSが集まるオフにSUPER BLACK BIRDと奥さんのスズキ製BALIUSで向かうんだそうな。

「こんなホーネットをカスタムしてる馬鹿なんて自分しかおれへんし、すぐに分かったわ。」と嬉しいお言葉をいただきまして(^^)o 久しぶりに色々話をして、それぞれの方向へ分かれました。

静岡をすぎ、由比ヶ浜のところで前方に傘をかぶった富士山が見えてくると、頭の中で色々と思惑が飛び交いはじめました。う~~ん。決めた! 富士I.C.で高速を降り、富士山スカイラインへと吸い寄せられていきました。

0407171.jpg;富士山スカイライン;colorbox;15:20

富士山スカイラインは時々正面に富士を臨みつつ上がっていく道です。でもなかなか高さを実感できるようになるのは新五合目方面へ別れてからでした。

五合目の駐車場から3km手前あたりから車の渋滞がはじまります。バイクは先に行かせてくれるのですが、結局は最後の駐車場付近で身動きが取れなくなりますので、一段下のバス駐車場あたりに停めるのがベターかもしれません。

この日の富士山の五合目の気温は19℃です。半そでで走ってもなんとか凍えないかな?って感じでしょう。富士山スカイラインからの分かれ道で、果敢にも半袖で挑戦するアメリカンのお兄ちゃんがいましたが、きっと登りきれていると思われます。

新五合目は標高約2400m。ここから駿河湾を一望でき、麓の富士川の街や、伊豆半島のカタチがそれとな~く見ることが出来ます。ちょっと曇りの今日は西側を眺めるとまるで水墨画のような景色でした。

0407172.jpg;新五合目から富士川を望む;colorbox;16:00

しばらくして五合目から降りてくると途中で空気がジトっっと蒸し暑く変わりました。いつものメッシュジャケットに着替えて御殿場へ降りてきました。今度は東京を目指します。

大井松田から高速に乗って約束の時間の10分前に東京へつきました。が、ここから目的地の田町へ到着するまでに1時間もかかってしまいました。いやぁ、なれない道は大変で、おもわずレインボーブリッジを往復してしまったりしてしまいました。

結局約束の1時間遅れで到着しましたが、友人たちは笑って「やっぱり富士山に行ってたんかぁ」と。そしてこの日は9年ぶりに友達3人で飲みました。実は3人とも今年に結婚する(した)ことが判明。いやぁ、男でも無意識に20代のうちに結婚したいのか?って思うくらいの偶然さです。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です